読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱線あざらしブログ

ぐだごろしたアザラシが漫画・映画・仕事・ライフハックなど思ったこといろいろ書いてます。

SLAM DUNKは夏に読みたくなる漫画ナンバーワン

漫画・アニメ

こんばんは。

吉野家で7つのスタンプを貯めて吉野家お茶碗をゲットした脱線あざらしです。

やったね!

 

君に贈る本大賞・1位に「スラムダンク」

さて、今日こんな記事をみました。

www.yomiuri.co.jp

  

全国の先生が選んだ【君に贈る本大賞】ということで

一位はあのSLAN DUNK。

 

何連敗も女子にフラれ続けた落ちこぼれな主人公&バスケとは無縁の不良・桜木花道が

バスケと出会い、ド素人としてバスケ部に入部し仲間と共にインターハイ全国制覇を

目指す、という漫画ですね(ざっくり)

 

ジャンプの黄金期と言われた時期に連載していたスラムダンクは好き漫画五本の指に

入ります。青い空白い入道雲の蝉がうるさい夏に一気に読みたくなる漫画です。

 

スラダン・好きなシーン

好きなストーリーとしてはミッチー事、THE★不良だった三井が更生して

安西先生に「バスケがしたいです…」のシーンは感涙モノ。

 

あとはメガネ君がゴールを決めたシーン。

ノーマークだっただけにあのシーンは快感(笑)

魅せ方が感涙です。

 

そして31巻、最後の台詞がない山王戦の一連の流れは鳥肌ものですね。

「左手は添えるだけ」の伏線ともなった夏合宿の話も好きです。

 

心が痛んだシーンは不良に絡まれ桜木が自宅に帰れなくてお父さんの心臓発作に

駆けつけられずそのまま亡くしてしまった…というシーンです。本当に泣ける。

 

じわじわしたシーンはある練習試合のシーンで桜木がボールを必死に追いかけて

飛びついた結果、ボール上を転がりそのまま金的にあたって周囲が「うわあ…」

と引いている様子が面白くて毎回あそこでニヤニヤ笑います(笑)

 

あとはりょーちんの「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!」はカッケーです。

全国のチビに勇気を与えたのでは

ないでしょうか。

自分もチビなので。

 

絶頂期で最終回を迎えたスラムダンクは何度も読みたくなります。

しかもチマチマでなく一気に読むってのがいいんです。

31巻までなので何日かで読める量!

夏休みや帰省した際に実家にあると読みたくなります。

 

 

少年漫画のライバル関係

個人的には桜木・流川のライバル関係はNARUTOのナルト・サスケと重なります。

(髪も主人公(落ちこぼれだった方)は赤やオレンジだし、ライバル(イケメン、モテる、クール)は黒髪、すかした顔、とジャンプ王道のライバル関係なんでしょうかね

 

そんなライバル関係が魅せる漫画になぜか心惹かれます…