読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱線あざらしブログ

ぐだごろしたアザラシが漫画・映画・仕事・ライフハックなど思ったこといろいろ書いてます。

【NARUTO】映画BORUTO感想その2(ネタバレあり)

映画 漫画・アニメ

こんにちは。 脱線あざらしです。

すっかり日が短くなってもう秋ですね。

自分はNARUTO初期から好きでずっと読んで来たファンの1人なのですが

以前NARUTO映画BORUTOを見て来た感想を綴りましたが

興奮が冷めないのでまた長々と書きます。笑

 

 

aza-usa.hatenablog.com

 

BORUTO感想を再び

ネタバレありなのでまだ視聴してない人は是非引き返して下さい。笑

実体験からの父と息子のギクシャク感

toyokeizai.net

まず公開日カウントダウン中継視聴。

おおおもしろかった!

 

岸本×ボルトのハグは熱いものを感じジーンときました;


トーク後に上映眠かったけどめちゃくちゃ興奮しましたよ…

この時2回目なんですが

なんだよあれ…

 

今までのNARUTO映画で歴代最高傑作と言われるのが頷けました。

作者「歴代最高傑作」「面白くないはずがないんですよ」「この作品は100点」

とベタ押しだったんで

宣伝文句として言うんだろうな〜と思ってたのですが、
これは本当に面白くないはずがなかった!好みの作品だった。
ほんと100点でした。むしろ超えぐらい。
                                                                                                         
父と息子のギクシャク感は実体験らしくて絶妙なリアルさを感じました。
テーマが父と息子の親子愛だけでなくて
便利な今の世の中を生きる子どもたちに向けて何か伝えたかったのかな?と思いました。


NARUTOにそんな詳しくない人からも面白かったという声が出てくるのは

割と日常的な話だからかなと思いつつ、全巻とNARUTO外伝読んだ後見ると

全部繋がっててめちゃくちゃ面白いです。

+今までの映画を視聴済に見ると歴代最高傑作だと思いました。
                                                                                                        

個人的には初映画化になって凄い嬉しかった

1作目の雪姫忍法帳だってばよ(2004年)と似た雰囲気を感じて凄く懐かしくなった;

 


ボルトの心理描写が面白くて、人間臭くて、なんだか小学生位の時に味わった事のあるような

なんだろうな、この感じ…とぅくんと懐かしくなりました。
ボルトが思ってたキャラと違くてかわいかったのと終始黄色いリンゴぽくてかわいかった。

(ヘタが

ナルトファンが歓喜しそうなネタをぶっこんでくる

所々、ナルトファンが思わずニヤケて反応するような後で2chやまとめで絶対話題になるような台詞をぶっ込んで来たり今までのNARUTOを思い出させる演出がちりばめられて凄い懐かしくなりました。

ニヤニヤしました これ入れたらファン喜ぶのかな?と作者は思いながら

入れて来たのかな??とニヤニヤしましたw

やはり原作者が総指揮を務めたからか、スクリーンで映像を見ているのだけども

スクリーンで漫画を めくって読んでいる気分でした。

そして、サスケが今までの出番のなさをぶっ払うかのような活躍もおんもしろくて

かっこ良かった!

ドラゴンボール要素感を入れてくる岸影先生…!
岸影先生がドラゴンボールに憧れたように、いつかNARUTOに憧れた少年少女が

「ここはナルトとサスケをイメージして〜〜」っていう時が来るんですかね…感涙

 

 

ナルト・サスケの共闘シーンは熱い

そんでなんと言っても

ナルトとサスケの共闘シーンが

本当に本当にすっげーーーーかっこよいです。


度肝抜かされた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


大迫力圧巻のあの中毒性のある戦闘シーンに魅了されて
何回もリピートするファンも多くてわかるってばよ!!です。


「凄い」と感じるモノは人それぞれですが

自分が「凄い」って思うモノを観ている時って、顔が変にニヤケて身体に力が入ってて、

瞬き、息をするのも忘れて口ポカーンで、鳥肌ゾッとして

泣きたい訳じゃないのに涙が滲んで来くるんだ、と思いました。


ああ、すげえ…圧倒されてる…の一言でした!


自分もあんな体術してみたいです…かっこよい…


ジェットコースターに乗ってる気分を感じるからあのスリルを味わいたくて

リピーターが多いのではないかと思いました!!
                                                                                                         
台詞なしだからこそのスピード感で、生眼ではあの速さを見切れませんでした!!!写輪眼!!

だから早く円盤出たら細かい所じっくり観たいです。
                                                                                                         
総監督が3回救急車で運ばれた裏話が制作に全力を注いだのを感じました。
本当アニメーターすげえ…の一言でした。

この間、興行収入歴代記録更新を祝してお茶の間で見所の一つのこのファン推薦共闘シーンを流したみたいで、え!テレビで流してくれるんだ!見せていいのか?!すげえな!おおい!!

と思ったけども

 

お茶の間で見る(え?何コレかっこいい…)

これは絶対映画館で見た方がいい、テレビと劇場は全然違う、是非映画館で見て欲しい、音楽もいい、あそこだけでも観る価値ある、迫力が段違い、などの高評価が多い

映画館行く

と、見事な映画館への誘導を感じました!!!(拍手8888)

(そして映画館で見てきました)
                                                                                             

 

NARUTOならではの和ロックもカッコイイ

あとはNARUTOと言えば和ロックで


戦闘に使われるやつが

めっっちゃくちゃカッコイイ!!


形成逆転(曲名)のアレンジverが本当に寒気しますかっこよすぎて!

音楽は記憶を奮い立たせるからか聞いただけで思い出してフルフルニイイ!!です。
                                                                                                         
観る前は興奮と緊張からか鼻血が出るし観た後は興奮してなかなか寝れずで気づいたら鳥チュン朝だよ状態でした。ww
身体は疲れるけど寝れない程の興奮がすごい楽しいです!!

 

観た後は

「もっとあの世界を観ていたかった」「続きが観たい」

と思わされました。


あんなの見せられたら続きが観たくなりますね…

視聴後はちょっと寂しくなって唐突なボルトロスに襲われました。(ポケモンじゃないよ←)

 

                             

あとは敵のキャラデザがシンプルNARUTOっぽくてなんか懐かしくなって好きだーと思った。

 

 

ボルトが一瞬ナルトじゃん!!涙
って思うそっくりなシーンがあるけど意図的なのか、そう見えるだけなのか気になる。

あそこで意図的にそうしたのならなんかもう、最高です。
言葉に出来ないから代わりに涙流します。
それとみんな肌がつるつるで綺麗でした。かわいかったです。サラダ、かわいかったな…
                                                                                                         
カナブーンの主題歌も見終わった後だとボルトの歌だ〜〜!って思って曲が入って来てジーンとしました。「認められたい気持ち、見て欲しい気持ち」が伝わって来て涙でました。青々しい少年な感じが好きです。

まとめ

BORUTO映画やります!って発表した昨年冬12月から約8ヶ月たったのか…と寂しくなりましたね。

 

でも大好きな作品で大興奮して最高でした。

努力、仲間、成長の王道作品って感じでEDも細かい所も最後までファンを楽しませてくれて、
本当に面白くて感動して嬉しい映画だった。

ありがとうございました;;岸本先生、スタッフの皆様。

 

 

 

 

和ロックメチャクチャかっこ良くて一日中リピートしてるんでサントラ欲しいと思いました!!!

 

最後に小説読んでからもう一回見に行きたいと思いました。今月いっぱいかな?