読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱線あざらしブログ

ぐだごろしたアザラシが漫画・映画・仕事・ライフハックなど思ったこといろいろ書いてます。

【助けて】ピンチ!スマホを落とした時に自分がとった6つの対処法

ライフハック ブログ ブログ-誰かに話したいたわいもない話

スマホを落とした時の対処法

どうも(ω・っ

脱線あざらしです。

自分は一度スマホを落としてパニックになったことがあります。あの日のことは忘れられません…

スマホを落とした日

そう、あの日は台風のような豪雨だったー。

その日は突然やってきました。

 

あれは雨の日。

あんなクソみたいな大雨の中、自分は出勤先へ自転車で向かっていました。

雨音がボタボタと大きく周囲の音がかき消されるほどでした(のちの悲劇へ繋がる)

 

信号待ち中、スマホで時間を確認しポケットの中へ入れて自転車をこいで勤務先に到着。

 

しばらくして休憩中、スマホがないことに気づく。

 

「いや、そういっていつもバッグの奥とかポッケの中とか入ってるからちゃんと探せばあるでしょ」

と思っていたのですが、よく探してもない。

 

あれれ~?おっかしいぞ~~??(焦)

 

完全にないことから「落とした」ということに気づきます。

 

どこで落とした?なんで落とした?

ハッ!「いつもは落としたとしても気づくけど今日はいつもと違う日だ」そう、大雨の日でした。

 

よくポッケに入れようとして地面に落としてしまうということもやってたのですが、いつもは落とした音で気づきます。

 

しかし、その日は大雨の音で落とした音がかき消されてしまったのでした。

 

OMG…

  

スマホを探し求め、その時にとった行動とは!?

スマホ落とした時の状況は以下の通りです

  • 落としたのは田舎の道
  • ロックしていない(無防備)
  • 落とした道のりは30分くらいの距離の間 

1まず焦った、そして探しに早く帰る

落としたと気付いてまず焦りました。

ロックしてなかったんで「はよ拾わんと悪用されてしまう!」「写メとか見られてしまう!恥ずかしいだろ!」というのを真っ先に思いました。

 

そして幸いにも仕事がそんなに多忙ではなかったんで「体調が悪い」と言い早退させてもらいました(嘘はついていない、事実パニック状態)

おそらく顔が青かったんでしょう、心配されました(笑)

「携帯落としたんで帰らせてください!!」とは言えなかったんで、とっさにそう言って帰ってきました。

  

2自分で探す

まずは通った道を遡り探しました。ここで見つけられるだろう、と思ってたのにない!!

ないから余計パニックになる!

探しながら次の行動を考えていました。

 

3交番に行く

幸いにも通勤路に交番があったので交番へ行き「かくかくしかじか~」と説明しました。

初めて交番に緊急のようで行きました。おじさんが怖かったw

落としたスマホの機種、色、など詳しい情報を書かされます。

 

そして見つけたら電話するから、と小さい交番の番号が書かれたメモ書きを渡されます。

それを財布に入れ一旦帰宅しました。

ここで初めて人に話して少し落ち着きます。

次の行動を考え「そういえばあれが近くにあった!」とある場所に向かう。

 

4ドコモショップへ行く

使っていた機種はドコモ。

これもラッキーなことに交番の近くにドコモショップがあったんで行きました。

店頭で焦りながらも「落とした時の対処法」を聞きました。

そしたら真っ先に料金関係の支払いなどが出来ないようにしてくれました(悪用対策のため)

あとは「ロックをしていない」(誰でもいじれる状態)と伝えたらドコモ側で一旦ロックをしてくれました。

GPS機能を稼働しているなら位置情報がわかると言われたがしていなかった…

落とした時の対処アプリみたいなのも入れていない。

 

応急措置はとりあえず出来た…そして次はあることを考えました。

 

5パソコンから友達に助けを求める(SNS活用)

雨の中歩き回ったのもありだんだん体が疲れてきました。

一旦帰宅して「そうだ!パソコンがあるんだ!」ともう1つの生命線を思いつきます。

 

PCよりFacebookのメッセージで友達と年上の知人に助けを求めました。

年上の知人には「スマホ落としてしまいました!」みたいなメッセージを送ったのですが、何度か会話をして「早く見つかるといいですね^^」ときました。

助けて!と言いたかったのですが、恥ずかしさとかあって言えずに助けてほしいオーラを出すしか出来ませんでした。

 

その時思ったのは「ああ、「助けて」と言わなければ人は助けてくれない…」と思ったのと、その方への信頼が欠けました(笑)

落とした自分が悪いんですけどw

 

しかし、友達の方は近くに住んでいるのもあり助けに来てくれました。

 

しかし、さらなる悲劇が襲う

この日は2014年11月6日(確か)

なんと自分がずっと好きだった漫画、NARUTOの完結がヤフーのトップニュースで発表された日でした。

「5パソコンから友達に助けを求める(SNS活用)」でパソコンからヤフーニュースを眺めたらトップに「NARUTOあと5週で完結」みたいなニュースが飛び込んできました。

 

は?うそ!!!

え!うそおおお!!!!!

 

とかなり衝撃的でした。

 

え?待って?NARUTO完結?え?待って?

今スマホ落として探してる??完結?は??

 

と混乱。

 

精神ダメージ大。

 

NARUTO完結のニュースの日に自分はスマホ落として何してんだバカだろ!!とWショックで泣きました(笑)

 

あああぁ~~~~;;と泣いていたら友がやってきてコンビニで買ったパンやジュース、肉まんを持って来てくれました。

 

友達「なんで泣いてんの?(笑)」

 

自分「NARUTOが終わるって…スマホ落とした。泣」

 

友達「一緒に探すよ(笑)」

 

友達が神様でした。

季節は肌寒い初冬。雨で濡れて歩き回って寒くなってた。

だからあの時食べた肉まんは暖かくてすごく美味しかった。ホッとしました。

肉まんの暖かさじゃありません、友達のハートの暖かさです。

 

本当にありがとう。ホロリ

  

6友達に助けを求め一緒に探してもらう

その後、友達と雨の中通った道を再び行ったり来たりして探しました。

 

やっぱりない…

 

そろそろ友達が仕事の時間になったので後は1人で探すことに。

すると…

 

 

やっと発見!

あったーーー!!!こんなとこかい!!

下を見ながら歩き続けて自分のスマホが目に飛び込んできた!

 

うおおお!あったーーーーー!!!!

見っけたーー!!!!

 

なんと落ちていたのは家を出て中間地点の美容室の近くの岩の上。

 

恐らく誰かが道路に落ちていたのを岩の上に避けてくれたんでしょう。

 

幸いにも防水ケータイなので雨に濡れても大丈夫でした。

 

誰かが避けてくれたんだ…と思ったら田舎の優しさを肌で感じました。

 

自分の中で都会でスマホ落としたら一瞬で悪用されるイメージなので(笑)

 

持つべきものは友

これで思ったことは「持つべきものは友」ということ。

そして、困った時は人に助けを求めること。人は思ったよりも優しいです。

友達には本当に本当に感謝です。

その落としたスマホは今でも愛用しています(笑)

 

スマホ依存症だと思い知らされた

スマホ落として強く感じたのは「スマホが欠かせない生活になっている」ということでした。

スマホがない生活は考えられませんが、そのスマホが急になくなった時にこんなにもパニックになるとは依存症だヤベー、と感じました。

 体の一部がなくなった感覚でした。

  

大切な電話番号ぐらいは暗記しとかないとヤバイと思った

震災の時も思ったのですが、家族や身内、大切な人の番号などは暗記してないとヤバイと思いました。

携帯って便利だから機械に覚えさせれば後は楽チンですよね。

暗記することを怠けて楽してると痛い目見るんだなと痛感。

 

かけたい時に番号がわからない!で不甲斐ない自分に頭にきました。

語呂合わせとかで覚えると良いですね…

 

まとめ!スマホ落としたら交番、店頭、探す!

落とすのが悪いのですが、スマホを落としてしまった時自分は

  • 交番行く
  • 携帯ショップ行く
  • 探す
  • 助けを求める 

の行動をとりました。

他にももっと効率的な探し方とかあるのかもしれません。

しかし人はパニックになった時、冷静に物事を考えられません。

まずは落ち着く、というのも大切ですね。

 

落とす地域(都会か田舎か)などにも異なると思いますが、落として困っている人の参考になればと思います。