読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱線あざらしブログ

ぐだごろしたアザラシが漫画・映画・仕事・ライフハックなど思ったこといろいろ書いてます。

【地味にスゴイ!】校閲ガール河野悦子ドラマ7話感想・幸人(菅田将暉)主役回

テレビ テレビ-ドラマ

f:id:aza_usa:20161116222452p:plain

どうも(・ω・っ)З脱線あざらしです。

地味すごドラマも7話と折り返しですね。

今回は幸人にスポットが当たった話でした。

 

本郷先生再び、幸人と親子だった

1話で登場した大物・本郷先生が再び登場し悦子にまた校閲を任せに来た。

えっちゃんwすっかり友達のような仲ww

 

今回は漫画家として蛭子さんが登場。

漫画家の現場へ事実確認行ってみたいよ(笑)

 

「れんげ=すみれ」や今校閲している本郷先生の原稿の内容から本郷先生=幸人が親子だということに気づく悦子。

 

幸人と本郷先生が親子だった展開は意外でした。

おもしろい。そうきたか!

幸人が覆面作家なのは大物作家・本郷先生の息子だということを隠したいからだったんですね。

親の七光りであーだこーだ言われる二世芸人みたいな感じでしょうか。

 

そして親子だというのを知っているのは息子の幸人の方だけで本郷先生は知らなかった。

それを知ってしまったえっちゃんは貝塚に幸人の前では本郷先生のことは絶対禁句と言われるが二人でデートした時に素直&おしゃべりなあまり本人に確認したくなる衝動にかられる(笑)

 

悦子の事実確認の件で無事、幸人と本郷先生は再会を果たしました。

深い闇があるとか言ってたの誰だよ!!貝塚だよ!!

 

えっちゃんの事実確認のおかげで一歩が出た感じでしたね、息子。

 

そして幸人の話の裏で米岡さんが校閲の仕事に悩まされていましたね。

テーマはリスク。

 

今回の森尾と幸人&悦子と幸人

「えっちゃん、大好きだよ」の幸人のぽろっとした告白で終わった前回。

その続きから始まるのかと思ってたら幸人は言い逃げした模様(笑)

その後、普通におでん屋で一緒に食ってたのでなんだか告白がスルーな感じになってましたね。

キャッチボールのえっちゃんの運動音痴な女子感かわいいよ。

あーゆう演技も研究してるんでしょうかね。素の投げ方かなw

本郷先生(親父)に「幸人をよろしく」と言われて元気に返事するえっちゃん。

 

 

貝塚を呼び出して悦子と二人っきりで話してるシーンワロタ。

逆壁ドンww

貝塚さんちょっと攻められてあれ勘違いしたんじゃないか(笑)

 

 

森尾は幸人がモデルに抜擢されたことにより仕事に精を出す。

やる気なかった感じだったのにイキイキしてましたね。

なんか目がキラキラしてる感。

ばっさーのそういった違いを感じさせる演技さすがですね。

そして幸人もモデルとしての給料も入ってきてるからそろそろ住まい決めてねみたいな感じになってましたが…この話で森尾宅を出て行きました。

結構出るの早かったな。

出て行く時幸人の話で森尾が泣きそうなのジーン。

 

あと森尾と貝塚さんがビール飲んでつまみ食いながら話してるシーン良かったぞ。

あれ?あの感じ、貝塚さん森尾のこと大好きなんじゃないか?ww

森尾の笑顔にニッコリしてたw

最後「あたりめ好き♡」「俺も大好き♡」ってデレデレしてたぞw

森尾と貝塚コースきたぞ!

  

今回の好きコーデ

幸人と本郷先生が受付でばったりした日に着てたグリーンとボルドーのバイカラーのトップスがシンプルでオシャーでした。

あと黄色いアウターグレーの花の刺繍が入ったトップスもいい。

やっぱ耳元はゴツめのピアスが多いですね。毎回気になります。

あと寝起きのえっちゃんアイマスクとか頭に色々付いててww 

次回、8話は…

次回はいつもおだやかそうなあの部長の話のようです。

幸人がえっちゃんとハグしてたの気になる。 

それよりも貝塚さんと森尾気になる(笑)

 

www.dassen-azara4.com

www.dassen-azara4.com

www.dassen-azara4.com