脱線あざらしブログ

ぐだごろしたアザラシが漫画・映画・仕事・ライフハックなど思ったこといろいろ書いてます。

【退職前】仕事辞める前にやっておいて良かった5つのこと

f:id:aza_usa:20161213202346j:plain

どうも(ω・っ

脱線あざらしです。

去年、一昨年ぐらいから「あと1年!」と毎日のように自分に言い聞かせ日々過ごしており、今年は前々から目論んでいた念願の退職を果たした年でもありました。

その時のことを振り返って在職中にやっておいて良かったことをまとめてみました。

1副業・他の収入源の確保

副業を始めたのは2014年頃。

きっかけはLINEスタンプでした。

【関連記事】【副業】ネットで収入を得る楽しさを教えてくれたのはLINEスタンプだった

当時勤めていた会社は一応就業規則もあり副業禁止だったんですが「就業中の携帯使用禁止」とありながらもコソコソいじってた人もいたぐらいなんで、副業してる人は他にもいるだろうと思っていました。

 

自分は仕事でヘマをして肩身の狭い思いをしていたので(笑)副業してバレたらマズイ!と思いビクビクしながら副業してました。

 

ビクビクするならやんなきゃいいじゃん!と思った時もありますが、今や会社は勤めている人間の生涯の給料を保証してくれるわけではありません。

 

所詮、会社という組織は他人の集まりで人を切らざるおえないときは切ってしまいます。

 

仕事でミスが続いた時に「情だけでは置いておけないこともあるんだからな」と圧をかけられたことがあります(笑)

それが伸びを期待して火をつける言葉なのか圧をかけた言葉なのか上司の真意は分かりませんでしたがw

 

そういった事からも会社からの給料1本だけってリスキーなんじゃないのか、と思い副業に取り組みました。

 

当時やってた副業は『クラウドワークス』や『ココナラ』などのクラウドソーシングによる在宅副業です。

クラウドワークスは今はたまにの程度ですがココナラでは今では毎月受注案件をいただけるようになりました。

なので、退職前の在職中にコツコツと副業をやっていて本当に良かったです。

むしろもっと早くからやってれば良かったと思うぐらいです。今やそれしか思いません(笑)

 

副業で月1万円でも稼げるとさらに上を目指すようになり、結果稼げる額も増えてきました。

 

副収入が月に1~3万円あり「毎月このぐらいなら稼げる」という感覚や手応えが退職時の勇気と安心材料なりました。

副業=安心材料は結構デカいと実感しました。

【関連記事】副業で少しでも収入があれば会社を辞めるのもそんなにコワくない 

2貯金・支出の見直し

とりあえず貯金を増やしました。

貯金がなければ「辞める」という選択肢すら選べないと思います。

退職後の無職時にどのくらい必要なのかシュミレーションしてざっくりと無職の時のひと月の生活をイメージしてました。

暇さえあればそういった計算ばっかしてました。

また、金銭管理も見直し在職中に通帳を複数に分けて管理するようにしました。

見つめ直すことで今までズボラ管理だったなと実感(笑)

3親知らず抜歯

「会社の保険証が使えるうちに!」と思い前々から引き伸ばしにしてた親知らずの抜歯を決行。

【関連記事】【こんなの初めて】親知らず抜いてみたら音がヤベエ…痛みは後からw

虫歯とか保険証を使って治療しておくものは在職中にやっておいたので良かったです。

4クレジットカード作成

作ろうと思いつつ必要性を特に感じてなかったのでちゃんとしたクレジットカードを持ってませんでした…

なので在職中にクレジットカードを発行!

結構、辞める間近に発行したのでもっと余裕持って作れば良かったなとちょっと反省。

在職確認の電話が職場に来るので静まり返った職場で自分の住所を喋るのが嫌で低小声で電話してたのがもはやいい思い出です(笑)

 

その他、引っ越しなど職歴や給与面の信用問題が影響するものはやはり在職中に済ませておくと良いと思いました。辞めた後だとせっかく積み重ねた職歴も使えなくなりますしね…

5Macbook購入(大きい買い物)

カードと同様、辞める間近に買ったのでバタバタでした…

支払いは12ヶ月の分割払いで購入!

一括で買うなら尚更在職中だなと思いました。

なので欲しいものや必要なものは在職中に買って損はなしだと思います。

 

自分はPCが替えどきで新しいPCは絶対必須だったんでもっと余裕持って早くに購入して在職中に分割の半分くらいは終えたかったぐらいです~_~;

【関連記事】 【おNEW】MacBook Pro Retina13を購入!快適!満足!

6保険などシュミレーションや計画

無職になった時の保険や掛かるお金のシュミレーションを暇さえあればしてました。

保険料はネットでも調べられますが住んでる地域によって色々異なって正確性に欠けるので「実際に聞いてみよう!」と思い市の保険担当機関に電話で問い合わせて金額を教えてもらいました。

 

夕方はもう電話できないので平日の昼間の休憩時間に電話で問い合わせました。

電話でサラッと計算して教えてくださるので10分もしなかったです。

保険を問い合わせるときは給与所得情報が必要になります。

 

自分の場合は社会保険継続と国民保険への切り替えはほぼ同じでたいして差が無かったのですが、国民保険の方が安めだったんで継続せずそっちに切り替えました。

まとめ

退職物語は緻密な計画を立てて実行したつもりでしたが甘々でした。

しかし、結構計画通りにことが進んだので結果オーライ。

退職は細かい計画を立ててなんぼだと思います。

 

辞める前は「退職(エネルギー大)→無職(充電)→転職(エネルギー大)」とイメージしながら1日を終えるという生活でした。

 

会社を辞めるのはやはりエネルギーが大きくて本当に退職した翌日はどっと疲れがきて寝腐ってたのが懐かしい思い出です(笑)

 

一番やってて良かったと思うのはやはり副業です。ほんとにやってて良かったです。

自分の力で稼げるようになるだけでなく、視野が広がるのと責任感をより持つようになるので本職への姿勢というか見る目が少し変わりました。

www.dassen-azara4.com