名探偵コナン 黒の組織

名探偵コナンでベルモットが言うシルバーブレットの意味やコナンと赤井秀一の理由

投稿日:

 

名探偵コナンの中で「シルバーブレット」という言葉がちょくちょく出てきます。

 

中でも組織の一員・ベルモットがよく使う言葉なのですが「シルバーブレット」の、

  • 言葉の意味
  • 何を指しているのか

を作中から振り返ってみます。

スポンサーリンク

そもそも「シルバーブレット」とは?「銀の弾丸」

「シルバー・ブレット」とはドライ・ジンをベースにしたカクテルでカクテル名は「銀の弾丸」と呼ばれ魔除けや厄払いのお酒とされています。

 

「シルバー・ブレット」はドライ・ジンをベースにして他の酒を混ぜれば出来上がるカクテルですが材料には、

  • キュンメル
  • レモンジュース

などが使われます。

 

また「シルバーブレット」とは直訳で「銀の弾丸」という意味になります。

「銀の弾丸」とはそのままで銀で作られた弾丸です。

 

この「銀の弾丸」は西洋の信仰では悪魔や狼男などを1発で退治できるものとして例えられています。

 

言葉としては、何かの対処法(決め手、解決策、特効薬、など)という意味合いで使われることが多いようです。

 

「シルバーブレット=銀の弾丸」は満月の夜の二元ミステリーに登場する

  • 原作:42巻
  • アニメ:黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー(345話)

 

シルバーブレットは酒(カクテル)として『満月の夜の二元ミステリー』にて登場します。

 

仮装した人々が客船に集まるという話の中でバーで狼男がシルバーブレットを飲んでいるところに毛利小五郎がやってきて「俺にも」と同じくシルバーブレットを注文しているシーンがあり、このシルバーブレットは「狼男の息の根を止める唯一の武器」として事件の真相に関わっています。

 

また、名探偵コナンにはガンダムネタが多いのですがガンダムにシルヴァ・バレトという機体があります。

 

綴りは「シルバー・ブレット」の「Silver Bullet」と同じなのでシルバーブレット(銀の弾丸)はここからもきている?

 

コナンではシルバーブレットを「黒の組織を一撃で破壊させる存在」という意味で使われています。

 

作中では、

  • ベルモットコナンを「シルバーブレット」
  • 黒の組織トップのあの方がFBI捜査官の赤井秀一を「シルバーブレット」

と表しています。

 

ベルモットがコナンを「シルバーブレット」という理由

ベルモットは黒の組織にスパイとして潜入してたFBIの赤井秀一をおびき寄せるためにニューヨークで通り魔に変装し出歩いてました。

  • 原作:34-35巻
  • アニメ:工藤新一NYの事件(286-288話)

 

その時ベルモットは、

赤井秀一に見つかる(1対1)

逃げるが赤井に撃たれる

廃ビルに隠れる

飛ばされた蘭のハンカチを探しに新一がたまたま廃ビルにやってくる

ベルモットは新一と遭遇、蘭とも遭遇

ベルモットは階段から落ちそうになるが蘭と新一に助けられる

 

というように新一と蘭に命を救われたことから、

  • 新一(コナン)を「シルバーブレット」
  • 蘭を「エンジェル」

と呼ぶようになりました。

 

そしてベルモットにとって命を救ってくれたこの二人は「この世でたったふたつの宝物」と例えられています。

 

ベルモットはコナンのことを度々「シルバーブレット」と表しています。

 

「そう、彼よ…私の胸を貫いた彼なら…なれるかもしれない…長い間待ち望んだ…シルバーブレット(銀の弾丸)に…」

満月の夜の二元ミステリー

 

コナンが自分にとって「長い間待ち望んだシルバーブレット」になり得る人物かもしれない、という理由から満月の夜の二元ミステリー以降、コナンを「シルバーブレット君」と表しています。

 

ベルモットは黒の組織に身を置きながらシルバーブレット(組織を一撃で破壊させる存在)を長い間望んでいたことから組織を破壊させたいのではないか?と思ってしまいますね。

 

そして、ベルモットが望むシルバーブレット(組織を一撃で破壊させる存在)には、安室透が握っている「ベルモットの秘密」も関わってきそうですね。

 

また、ベルモットは赤井秀一がキールによって始末された時(赤と黒のクラッシュ 殉職[58-59巻/アニメ504話])にはシルバーブレットは1発で十分と言っています。

 

「2発なんていらないわ…シルバーブレットは…1発あれば十分よ…」

赤と黒のクラッシュ 殉職

 

ベルモットにとってシルバーブレットは2発(コナン・赤井)もいらない、1発(コナン)で十分なことから、ベルモットの中で絶対的シルバーブレット=コナンというのが分かります。

 

ベルモットにあるのが「組織を壊滅させたい」という目的ならシルバーブレットは赤井秀一でもいいのでは?と思いますが赤井にはなくてコナンにあるのは、

  • 幼児化している
  • ベルモット(通り魔)を助けた

という点です。

 

  • 赤井に撃たれた
  • コナン(新一)に助けられた

という出来事は同じ時に起きたことなので、なおさらコナンに助けられた(=胸を貫かれた)という点が大きそうですね。

 

あとはやはり主人公だからでしょうか(笑)

 

スポンサーリンク

あの方が恐れる存在・もう一人の「シルバーブレット」赤井秀一

コナンの他にFBI捜査官の赤井秀一も「シルバーブレット」と表現されています。

 

ベルモットはニューヨークの通り魔に変装した時に赤井秀一に撃たれその後、新一&蘭に命を救われていますが、『満月の夜の二元ミステリー』で再び赤井秀一に攻撃された時にあの時(NYの時)相討ち覚悟でやっておけばよかった」と組織にとってやっかいな赤井秀一を始末しとけば良かったと思っている描写がります。

 

ベルモット「やっぱり相討ち覚悟であの時やっていればよかったわ…ボスが、あの方が、我々のシルバーブレットになるかもしれないと恐れているあの男を…」

 

ジン「フン…俺たちを一撃で破壊させるシルバーブレットなんざ存在しねぇよ…」

満月の夜の二元ミステリー

 

この会話から黒の組織のトップであるあの方赤井秀一「シルバーブレット」と例えて恐れています。

 

あの方が赤井秀一を恐れる理由は今のところ不明です。

  • 赤井秀一という人間の総合的な能力を恐れている?
  • 赤井秀一を恐れる特別な理由がなにかある?
  • 恐れる理由に行方不明な赤井務武(赤井父)が関わっている?

 

ジンは「組織を破壊させるシルバーブレットなどいない」と思っている&あの方が赤井秀一を恐れる理由などは分かってないようです。

 

まとめ

  • ベルモットにとってのシルバーブレット→コナン【希望?】
  • あの方にとってのシルバーブレット(になり可能性のある存在)→赤井秀一【危機感】

 

ベルモットにとってのシルバーブレットはコナンで、シルバーブレット=組織を一撃で破壊させる存在なのに「長い間待ち望んでいた」と言ってるのでコナンに希望を感じているように思います。

 

一方、あの方はFBIの赤井秀一をシルバーブレットになり得る存在と恐れているがジンたちはあの方がなぜ赤井を恐れているかまでは把握していないようです。

 

赤井秀一は黒の組織にリアルな弾丸を放ちそうですが(笑)ベルモットの心を動かしたコナンがどんな「銀の弾丸」を放つのか楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク

-名探偵コナン, 黒の組織

Copyright© 脱線あざらしブログ , 2018 All Rights Reserved.