ゼロの日常 名探偵コナン

ゼロの日常「警察学校編」11話ネタバレ感想・諸伏家を襲った犯人は誰だ?

2020年11月4日

名探偵コナンの安室透が主人公のスピンオフ作品『ゼロの日常(ティータイム)』の番外編の警察学校編【CASE11】鳩首凝議(きゅうしゅぎょうぎ)の感想になります。ネタバレ含み。

 

諸伏家を襲った犯人は誰だ?

あざらし
いよいよコナンっぽい推理展開に!

スポンサーリンク

諸伏家が襲われた日の話から犯人を絞るが…

今回の警察学校編【CASE11】鳩首凝議は、

諸伏が15年前の事件当日のことを話す

夜に母、父と飯食ってたら父の知り合いの男がやってきて父と母と口論になり襲われた

諸伏ヒロは母の命令で押し入れに隠れていた

犯人はなぜか諸伏家で『有里ちゃん』というヒロが幼少期によく遊んでいた病死した女の子を探していた

諸伏ヒロは犯人の腕にゴブレットのような刺繍があったのを目撃、その後ショックで寝る

兄(諸伏高明)の話からヒロが隠れていたのは押し入れではなくクローゼットと判明

クローゼットの隙間からゴブレットのような刺繍が見えたのでは?と気付いた5人はどこかへ向かう!

次回へ

という話。

 

警察学校編の序盤にも登場した犯人候補3人からの推理展開で今回はコナンっぽい話でした。

ここにコナン君がいればすぐ犯人見つけそう(笑)

 

今回の話が載ってるサンデー(11月4日発売号)

 

スポンサーリンク

犯人はなぜ諸伏家でヒロの友達の女の子を探していたのか?

犯人は諸伏父の知り合いとのこと。

犯人は諸伏家でヒロが子供の頃仲よかった有里ちゃん(病死)を探していたのはなぜだろう?

  • 自分の子供が有里ちゃんで諸伏父が関わった何かで病気になって死んでしまってずっと娘を探してるとか?
  • 気が狂って諸伏家を襲って有里ちゃんを探しに来たとか?
  • 有里ちゃんは自分の妻と諸伏父との間にできた子供だったとか?(急な昼ドラ展開)

あざらし
クローゼットに隠れてドキドキするやつ歩美ちゃんのかたつむり信号の話でもあった気がする(笑)

 

スポンサーリンク

犯人は腕に観音像の刺繍が入ってるクリーニング店の外守さんと予想!

自分は犯人は腕に観音様の刺繍が入ってるクリーニング店のおっちゃんの外守さんでは?と思ってます。

15年前には刺青はもう入ってたし、観音像の刺青は目の錯覚でゴブレットに見えたのでは?と予想。

「観音像はどう見てもゴブレットには…」の安室さんのセリフがなんだかフラグに感じます(笑)

 

あと犯人は右手に包丁持ってるから右利きですな。

諸伏父母を襲った理由はなんだろう。有里ちゃんはどう繋がってくるのか?

 

押し入れではなくクローゼットの隙間から見えたら刺青がどう見えたのかですね。

ボーダー状に見えてたってことかな?

角度はどうなんだろうか?ヒロさんはクローゼット内の段の上にいるから犯人の腕は正面に見えたのかな?

これが下から角度ついた状態で見てたらまた違って見えそう。

 

とりあえずヒロさんは無事でよかった。

あと諸伏兄さん中学生にしては落ちついてるな~(笑)

「父と母が死んでる…」って言ってるとこ「父と母が寝てる」的なテンションで言うんじゃないよ!(笑)

 

あとヒロさん血相変えてパソコンで長野事件の検索を毎度してることが4人にバレバレなのわろた。

 

警察学校編【CASE11】鳩首凝議の感想まとめ

次回で犯人が分かりそうな流れでした。

5人は風呂掃除すっぽかしてどこに誰の元に向かったのか?

 

あとヒロさん事件のショックで記憶喪失と失語症になってたんですね。

東京に引き取られてから安室さんと出会ってよくなったようですが。安室さんの存在は大きかったんだな~。

 

ちなみに、鳩首凝議(きゅうしゅぎょうぎ)とは『人々が集まり額を寄せ合って熱心に相談すること』という意味です。

まさに今回の5人のこと!

あざらし
次回は11月11日発売のサンデー50号!

 

▼警察学校編の単行本が発売!(上・下)

サンデー読むなら
週刊少年サンデーが読める電子書籍サイト!サンデーうぇぶりやイーブックジャパン

続きを見る

 『ゼロの日常』全話感想はこちら

スポンサーリンク
▼関連記事&スポンサーリンク▼

-ゼロの日常, 名探偵コナン

© 2020 脱線あざらしブログ