読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱線あざらしブログ

ぐだごろしたアザラシが漫画・映画・仕事・ライフハックなど思ったこといろいろ書いてます。

【地味にスゴイ!】校閲ガール河野悦子ドラマ2話・感想

テレビ テレビ-ドラマ

 

地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子2話感想

2話は悦子のミスにより校閲に対するイメージの変化と校閲部の他の方との距離が縮まった感がありましたね。

 

合コンで男を言い負かす悦子

合コンから始まる第2話でしたが、最初はあざとくてかわいい系女子でオシャレトークばっかしてるんですが一方通行で会話になってません(笑)

 

男は最近「あ」で始まる買った高級車を自慢しだすんですが「女の子はスウィーツやオシャレで頭がいっぱい」発言で車のことはあんまわからないよね~と言います。

 

ここで女子は男子を立てるべく「何の車か全然わかんない~」「すごい車乗ってるんだね~」とか言うんでしょうかね(笑)

 

悦子は「それって~~~~~~~(歴史や知識など)なアルファ・ロメオですよね♡」と口達者に男子を言い負かします(笑)

そして、みんな唖然(笑)

 

こういったブリブリ演技から豹変する女子好きだわ~~ww

 

そもそも「女の子の頭の中はスウィーツとオシャレでいっぱい」みたいなイメージがどうかと思うですがね(笑)

 

 

節約主婦ブロガーの校閲を担当

節約主婦ブロガー(ともさかりえ)がブログから本を出すことになりその校閲を悦子が担当することに。

主婦ブロガーは「アフィリエイト収入目的で始めた節約ブログが本になるなんて…」と喜んでいました。

ドラマで「アフィリエイト収入」というワードが出てきたことがなんか新鮮というか身近になっているんだな~と感じました(そこ)

 

「ブロガー」を対象にしたのも今時感というかスマホ・ネット社会の浸透を感じました。

 

 

主婦ブロガーが紹介してた節約で

シャンプーボトルのプッシュするところに輪ゴムを巻いているとプッシュ力が弱まり節約になるというのが紹介されていたのでやってみようっと!

 

あと自宅で映画館気分を味わえる「ダンボール映画館」も紹介されてました。

あの動画って日テレだし子供探偵とかコナンのイメージかな?w

 

 

表紙の文字「pocket」の「c」が抜けているミスをする

敦子が誤植に気づかず主婦ブロガーの本は印刷、製本まで終えてしまい大変なことに。

 

刷り直しは間に合わないので訂正シールで対応。

 

 

うわあああ…

印刷会社に勤めていた自分は校正時にこのような一文字だけ間違い印刷後に気づいた、という大ミスを犯したことがあるので心が痛かった…

 

冊子のどっかに訂正シールとか貼ってあると剥がしたくなりますよね…

刷り直しは時間・コスト的にきついので訂正シールで対応する、という恐怖を思い出しました。

 

何度も確認しても案外目に付く表紙とかで間違えたり、

たった一文字のミスが後々の工程の人にも迷惑をかけたり、

大きい文字とか目立つとこほど気付かない、

だんだん同じ文字見てると変に見えてきたり(ゲシュタルト崩壊)、

 

一回ミスをすると間違えるのが怖くなってますます支障が出たり…

絶対間違えてはいけない恐怖と圧…

 

と、自分のかつての仕事と重ね合わせて見てたら辛くなりました(笑)

 

でも悦子が言ってたように暗くて黙々仕事してる自分よがりっぽい部署でも案外見てくれてて、ミスをしたことは誰でもある、だからその気持ち痛いほどわかる、という他の校閲の方々の言葉がすごく染みました。

 

自分もミスをした時上司がかけてくれた言葉が忘れられません。

と同時に、もっと他の人に頼っていいんだな、と思いました。

 

  

藤岩さん「うかれるな!!」

藤岩さんが最近うかれている悦子に注意をしたのには訳があったんですね~。ちゃんと。

若くてかわいいから調子乗んなよ!!とかそんなんじゃなくてね。

以前、今回のような誤植で大物作家の仕事で大ミスをしてしまったとのこと。

校閲の指摘が的確、と褒められたことで調子に乗ってて起きたミスでした。

 

だから今調子に乗ってる悦子に忠告したんですね。

かつての自分をみているようで。

 

悦子が校閲部は「地味で暗くて自分のことしか考えていない人ばっかだと思ったけど違かった」と言っていて校閲に対する印象が大きく変わった模様。

 

幸人と森尾の同居

幸人と森尾の同居がスタート。

森尾いいとこ住んでるな~(笑)

モデル歩きを教えたりとお姉さんぷりを発揮。

森尾が幸人に綺麗なモデル歩きを見せるのですが、大学時代にモデルをやってたとのこと。

「編集者になるつもりもなかったんだけどね」発言が気になる。

たしかにやりたくてやってる感じではなさそう(笑)

あと電話の相手も気になるし、森尾がなぜ編集の仕事をするようになったのか気になるとこ。

 

  

是永是之は幸人だった!距離が縮まった悦子!

悦子が校閲を担当していた作家?「是永是之」はなんと幸人だった!!

そーゆーことかー!!(笑)

校閲を通しコミュニケーションをとってる様子がなんか文通みたいでいいね。

もちろんお互いまだ知らないんだが…

 

そして最後のシーンで再び前回と同じ場所で幸人と再会する悦子。

ドア付近に小銭をぶちまけた幸人が拾ってるんですが向こうから来た悦子は気づかず開けてゴン!と。

 

ゴロゴロと吹っ飛ぶ幸人。

 

えww幸人さん吹っ飛びすぎでしょwwww

 

ベンチで少し会話をする2人。

悦子は校閲の仕事をしていることを明かしちょっと話がはずむ2人。

「リニアモーター牛とか変なのがあって…」と悦子が笑いながら幸人に話していたので、幸人は「あれ?この人俺の小説校閲してる人じゃねww」と1人だけ分かった感じかな?

普通に会話しててそこには触れてなかったんで、今後描かれるんでしょうね。

 

 

石原さとみは恋してる女子の演技がやっぱうまい!

  

今週の好きなコーデ

シックなグリーンのワンピースとストレートヘアがシンプルで好きでした。

あとは白のVネックのワンピと黒のインナーとシンプルコーデがいいですな~

バンダナヘアコーデとかもいいけどやっぱシンプルコーデの石原さとみが好きです。

旬なバケツバッグもオシャンティで可愛いぞ。

次回も楽しみ!

www.dassen-azara4.com

www.dassen-azara4.com

www.dassen-azara4.com