Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お金 生活

奨学金返済がきついので副業収入で返済してみる

投稿日:2016年9月27日 更新日:

※この記事を書いてから約1年後にひとつの奨学金を全額返済しました。

 

どうも(ω・っ)З 脱線あざらしです。

 

大学を出て社会人となり働いて生じる奨学金事情ですが返せなくて社会問題にもなっていますよね。

 

自分は学生時代奨学金を借りて現在返済生活を送っています。

なので「給料だけではまかなえないので夜は水仕事をやっている…」なんていうニュースも見かけなんか他人事じゃないなと借金してる身は思います。

 

この記事はそんな奨学金の返済がちょっとでもラクになったお話になります。

スポンサーリンク

奨学金を借りていた学生時代

高校、短大と奨学金を借りて現在返済真っ只中です。

貧しい家庭だったので高校時も奨学金を借りていました。

 

15~18歳辺りの年頃は奨学金を借りているってことが恥ずかしかったです。

「あいつんち貧乏なんだ」って周囲に思われてると思って(笑)

校内放送で奨学金関連で呼ばれるのが本当恥ずかしかったんですよね。

思春期だしぃ…

 

当時、やりたいことがあり短大進学を夢見たのですが「進学なんて金がある家庭の子がやること」みたいな思考があったんで自分には進学が夢の選択肢だと思っていました。

 

そんな高校3年時、先生から「自分は貧しい家庭だったが大学に行きたかったから奨学金を借りてバイトしながら通った」という話を聞いて勇気と希望を抱きました。

 

「貧乏でも進学していいんだ!」って。

 

その後、貧しいながらも短大には行きたいという思いから親には行かせてもらいました。本当に感謝です。

 

  • 高校:約70万
  • 短大:約120万  
  • 合計:190万

の奨学金を借りて現在返済しています。

 

短大2年制だったので4年制の大学に通っていた人に比べればだいぶ安い方なんじゃないかなと思います。

 

社会人、働き始めてからは残業代込みの給料で返済がやっと

新卒で就いた仕事の給料手取りは13万ぐらい。

当時一人暮らしで

  • 返済は出来るけど貯金は出来ない
  • 出来てもわずか

みたいな感じでした。

 

毎月稼いだ分で生活して、

次の生活のためにまた稼ぐ

みたいな生活サイクルでした。

 

そんな中でもチマチマと貯金をしてたのですが、ふと「これほぼ毎日残業してるから生活できてるけど、もし残業代出ないってなったらキツくね?」と思ったんです。

 

残業代込みの給料でやっと奨学金返済ができてたという感じでした。

 

当時の21、22歳ぐらいの自分は、

収入は残業代でしか増やせない」

そう思っていました。

 

スポンサーリンク

パソコンとネットで副業収入を得るようになる

それから色んなことがあり、パソコンとインターネットを使って収入を得るきっかけが起こりました。

 

それはLINEスタンプの販売

関連【副業】ネットで収入を得る楽しさを教えてくれたのはLINEスタンプだった

 

「パソコンとネットを使ってお金を得られるなんてすごい!」

心からそう感じ、それから色んなことをやってみました。

 

  • クラウドソーシング
  • アフィリエイト
  • ヤフオク、メルカリ物販
  • ラインスタンプをさらに何種類か作る  など

 

どれもこれも簡単にいくわけではありませんが副業でお金を稼ぐことが「楽しい」と感じるようになりました。

 

自分は短大でデザインを学んだので、中でもクラウドソーシングは自分の技術を活かして稼ぐことができるサービスでした。

 

クラウドソーシングは少しでも収入を増やすことができる!

『クラウドソーシング』とはネット上で誰でも仕事を発注したり受注できるwebサービスでサイトは数多くあります。

スマホでも可能ですがパソコンがあれば誰でも在宅でお金を稼ぐことが可能なサービスです。

 

自分はクラウドソーシングサービスの中でも、


★ ランサーズ

★ クラウドワークス

★ ココナラ

の3サイトを活用しているのですがランサーズ・クラウドワークスでは『タスク』という初心者が始めやすい自分で好きな案件を選んでやった分だけ報酬になるという仕事形式を活用しています。

 

このタスクの仕事には、

  • デートでオススメのカフェ
  • オススメの本
  • 映画・ドラマ・漫画・アニメの感想
  • 仕事の体験談

など様々なテーマがあり、指定の内容を書いたくと安くて1件30円とか50円、高いのだと800円とか1000円~ぐらいの報酬になります(文字数によりけり)

 

記事を書くだけでなく、

  • 〇〇を検索で調べる
  • アンケートに答える

などスマホでも数分で出来るようなものもあります。

 

自分は記事作成を高い単価で狙って取り組んでいました。

最初は安い単価でも「数で勝負だ!」でやってたんですが、「書く」という同じエネルギーを使うなら1回の単価は高いほうが効率良く稼げると実感してからは高単価を狙うようになりました。

 

個人的にはクラウドワークスのサイトが使いやすくてオススメです。

 

このようなサイトは空き時間に自分のペースで出来るのが何よりメリットです。

始めるにも費用は無料だし数分で終わるものばかりなので空き時間にスマホやパソコンで副業したい」という方にはオススメです。

 

ココナラ500円から自分の得意を販売できるサービスなのです。

自分は短大で学んだデザイン制作のサービスを出品したところ、以外に需要があり現在毎月何かしらサービスが購入されるようになりました。

 

ココナラでは他に、

  • 子育ての悩み・愚痴を聞きます
  • 占います・手相みます
  • キャッチコピー考えます 

など多数のユーモア的なサービスが出品されています。

関連
→ クラウドワークスのタスクで1ヶ月稼いでみた結果
→ 【ココナラ】登録して2年経過!コツコツやってたらリピーターが増えた話

ネットで収入が得られると心が楽になる

ネットで収入が得られるようになって金銭的にも心理的にも楽になりました。

ゆとりが生まれます。

関連 副業で少しでも収入があれば会社を辞めるのもそんなにコワくない

 

以前は、

「残業を増やすことでしか収入は増やせない」

と思っていたので、上記のようなサービスを副業として活用して給料以外で収入を得られるということを実感できたのは自分の中で大きな変化です。

 

大事なのは実感することだと思いました。

 

人が言ったことではなく自分が実際にやってみて感じることがなによりです。

 

月に3000円でも5000円でも給料以外で収入を得られることは奨学金を返済している自分にとってはありがたいことでした。

 

毎月の奨学金返済額は合計1万6千円なのですが今では毎月返済額分はネットで稼げるようになりました。

 

高校分はあと3年、短大分はあと6年と返済も折り返し地点なので、もっと稼げるようになってあと数年分もうどかっと一気に返したいです。

※追記:この記事を書いてから約1年後に高校の分を一気に返済しました。

 

そして自分の返す分が終わったら金銭面でも親に感謝したいです。

生活も今より少しでも潤してあげたいと密かに思っています。

 

奨学金に苦しいからと何でもかんでも飛びつくのは危険

ネットで収入は誰でも得られる時代になっています。

 

そして「ラクして稼げる方法!」とかもたくさんゴロついてる訳です。

「ラクして稼げるぞ!」という甘い言葉は基本的にラクさが前面に出てるのは信用なりません(笑)

 

初心者の人には無料で誰でも始められる上記で紹介したクラウドワークスを活用してみるところから始めるのがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク

-お金, 生活

Copyright© 脱線あざらしブログ , 2018 All Rights Reserved.