Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

一人暮らし 生活

一人暮らしの掃除機はマキタがおすすめ!コードレスでめんどくさい掃除が楽に

投稿日:2018年4月4日 更新日:

 

一人暮らしのワンルームやそんなに広くない部屋の掃除機かけに便利なのがマキタの充電式クリーナーです。

 

自分は一人暮らしを始める時に新生活応援家電セットみたいなので買ったスティックタイプのハンディ掃除機(コード)をずっと使ってたんですがこれがおもちゃみたいで使いにくい…。

 

そう思いながら数年使ってたらだんだんスイッチがつかなくったり途中で止まったりと不調になってきたので新たな掃除機をゲットしました。

 

それがマキタの充電式クリーナー(CL105DWR)です。

 

清掃員の仕事をしてた時に使っていたマキタの掃除機がよくて家にほしいと思ってたので買ってみたんですが、使い心地が良くてもっとはやく買えばよかったと思うぐらいです。

 

この記事ではマキタの掃除機(CL105DWRを使ってみて感じたよい面、気になる面などを紹介します。

スポンサーリンク

【メリット】マキタの掃除機のここがいい!

マキタ製品の掃除機は業務用がほとんどなのですが家庭用で使うこともできることから人気のある掃除機シリーズです。

 

コードレスだから楽!

マキタシリーズの掃除機はスティックタイプのハンディ型でコードレスです。

 

CL105DWRはボタンでスイッチON・OFFのワンタッチスイッチ。

やっぱりコードレスって便利だと実感!

 

自分は今までスティック型のコード有りの掃除機で掃除をしてたんですが、掃除機をかける前にそもそもコンセントを挿すのがめんどかったんですよね(笑)

 

コンセントを挿すという行動からしてめんどくさかったので、「あとで一気にやろう」と思うようになりホコリやゴミを部屋にためてから掃除機をかけがちでした(⌒-⌒; )

 

なのでコードレスの掃除機は掃除機のコードをコンセントに挿すこと自体が面倒くさくて掃除かけをためてしまう人にまじでおすすめです(笑)

 

コンパクトサイズにするとサッとゴミ吸えて便利

マキタの掃除機はノズルを外して短いタイプにして使うこともできます。

この縮小タイプが便利なんですよね。

 

小さいから手元に置いておけばすぐゴミを吸えるので「あ、ほこりだ。あ、髪の毛だ。」ってこまめ掃除をするようになりました。

 

小さくするとドアのレール周りや車の中などいろんな場面に使えるので万能です。

 

一人暮らしのワンルームの部屋を掃除するにはちょうどいい!

マキタの掃除機は一人暮らしの6~8畳ほどの小さい部屋を掃除するのにちょうどよいです。

 

最初はダイソンのスティックタイプが欲しかったんですが、あれ現物見ると大きくて意外にゴツいんですよね(笑)

一人暮らしの狭い部屋にあったら邪魔だし値段も高いのもあってまだ手が届く価格のマキタの掃除機にしたんですが満足してます。

 

【デメリット】稼働時間が短い・充電が長い

マキタの掃除機(CL105DWR)を使って感じたデメリットというか気になる面は充電面です。

 

CL105DWRはリチウムイオンのバッテリーが内蔵されているタイプなので充電は掃除機本体に充電器を挿すタイプです。

 

バッテリーが内蔵されているのもあり片手で持ってみた感じはちょっと重めですね。

 

1回の充電あたりに連続で使える時間は15~20分くらいです。

CL105DWRの吸引力は

  • 標準
  • パワフル

の3段階があります。

 

ボタンを長押ししながら使うと最大のパワフルでゴミを吸ってくれます。

 

標準で使って20分くらいなので

  • 強:約10分
  • パワフル:約7分

とそれぞれ1充電あたりに使用できる時間も短くなります。

 

ちょっとパワフルでかけるとやっぱすぐ電池がなくなるなと感じました。

 

そして充電時間が意外にかかるなと。

数時間はかかります。

体感としてはスマホを0から100までフル充電するよりも時間がかかるなという感じです。

 

自分は毎日使うわけではなく週末掃除するくらいのペースなので電池がなくなったら充電しといて事たりてます。なので充電面はそこまで気にしていませんが使用頻度が高い人は充電のなくなりの速さや充電時間の長さが気になるかもしれません。

 

スポンサーリンク

【お手入れ】ゴミは紙パック式!繰り返し使えるダストパックもついてくる

マキタの掃除機のゴミを吸う部分は

  • カプセル式
  • 紙パック式

の2タイプあるのですが、

CL105DWRは紙パック式です。

 

中に紙パックをセットするので普通の掃除機と同じ感じですね。

 

自分はアマゾンで買ったのですが購入時は

  • 紙パック10枚
  • ダストパック1枚(布みたいな繰り返し使えるフィルター)

もついてきての商品でした。

 

紙パックは別売りでアマゾンでも売ってるのでその都度購入してもOKだし付いてきたダストパックを洗って繰り返し使ってもOKですね。

 

音はどう?そんなにうるさくない

マキタの掃除機は物によっては音がちょっとうるさめなのもあるのですが、CL105DWRはそんなにうるさくはないです。

「ンンゴォォー」って感じで少し低音です(笑)

 

音は普通に窓を開けて掃除しても気になりません。

 

収納もそんなに場所をとらない

一人暮らしの狭い部屋で地味に場所をとって邪魔なのが掃除機でもありますよね。

 

マキタの掃除機は床に寝かせても置ける壁や隙間に立てかけての収納もできます。

自分は縮小して使う事が多いし小さくするとコンパクトでいいのででそのまま床にごろんと置いてます(笑)

 

マキタの掃除機用の立てて収納するスタンドも別売りで売っています。

 

 

マキタ製品の中でもCL105DWRにした理由

「マキタの掃除機はどれがいいんだろう?」と悩むぐらい種類が多いです。

正直どれも同じに見えてどれがいいのかわかりません(笑)

 

自分がマキタの掃除機を欲しいと思ったきっかけは清掃の仕事をしていた時に業務用としてマキタの掃除機(CL100DWを使ってたことでした。

 

ちょうど「このぐらいの掃除機ほしいな」と思いながら仕事で使っていました。

 

基本的に業務用というのもありマキタというメーカーの掃除機はその辺の家電量販店やホームセンターには売ってなかったのでアマゾンか楽天の通販で買おう!と思い検討し始めました。

 

CL100DWでもよかったんですが「掃除の仕事をしてた頃を思い出してなんか嫌だな、家でも仕事してるみたい」と思い別の種類にすることに(笑)

 

主な使用用途がフローリングの掃除機がけなので数あるシリーズの中から「1万以内で買える掃除機が良い」と思い結局1万弱しましたがマキタのCL105DWRを購入しました。

 

また、マキタの掃除機の中でも以下の種類は通販生活という通販サイトでしか販売していないオリジナル商品です。

  • マキタのターボ
  • マキタの107

 

マキタの掃除機は基本的に業務用仕様ですが通販生活で販売されているこの2種類は吸引力・使用時間・充電面などで家庭で使いやすいような仕様になっています。

 

まとめ

以上、マキタの掃除機CL105DWRを生活で使ってみた感想でした。

 

自分は今まで使ってた掃除機(新生活応援家電セットについてきたやつ)がガラクタぽく吸引力も弱かったのでそれに比べたらマキタの掃除機(CL105DWR)は充分に使い物になってます(笑)

 

一人暮らしの掃除機選びに悩んでる人にマキタ製品の掃除機はおすすめですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク

-一人暮らし, 生活

Copyright© 脱線あざらしブログ , 2018 All Rights Reserved.