ゼロの日常 名探偵コナン

ゼロの日常41話ネタバレ感想・鶴山おばあちゃんの思い出ケーキを再現する科学者安室透

2020年3月25日

名探偵コナンの安室透が主人公のスピンオフ作品『ゼロの日常(ティータイム)』

【41話】思い出の料理

の感想になります(ネタバレ含み)

 

久しぶりのゼロティ本編!

あざらし
今回はポアロで鶴山のおばあちゃんの思い出の赤いケーキを作ってあげる回です

スポンサーリンク

ポアロの新作もかねて鶴山おばあちゃんの思い出のケーキを作る

今回41話は、

梓さんが鶴山おばあちゃんの思い出のケーキの話を聞いてポアロの新作開発もかねてケーキを作ろう!と提案

鶴山おばあちゃんの思い出のケーキは若かりし頃、社交ダンスを始めた頃に食べた赤いケーキ(レッドベルベットケーキ)

梓と安室で作ってみる

おばあちゃんに食べさせてみるが思い出の味とはちょっと違った

安室があることに気づきもう一回作ることに

後日、新たに作ったケーキをおばあちゃんに振る舞うと思い出の味が蘇る

ケーキを再現したコツはリトマス紙の原理(科学的)

思い出の味について話合う中、警察学校の仲間と飯をがっつくシーンを思い出す安室

という話。

 

赤が嫌いな安室さん、嫌悪感を隠してるニコニコ感わろた。

 

スポンサーリンク

安室さんが科学者みたい、若かりし鶴山おばあちゃんがかわいい件

今回の話は「なんでも美味しく加工されて食べ物があふれる現代だが、素材そのものの味もおいしいよ~~」という感じでした。

 

ケーキの赤をリトマス紙の原理(酸性・アルカリ性)で再現した安室さん。

口当たりをよくするためにアルカリ剤が使われてるココアパウダーじゃなくて、なにも入ってないココアパウダーを使ったってわけですね。

あざらし
パティシエにもなれそうだし、安室さんが科学者みたいでした(笑)

 

このケーキはポアロの新メニューになるのかな?

コナンカフェとかに出てきそう(笑)

 

安室さんは赤が嫌いなため、梓さんが「赤くてキレイですね」って言ったのに対して笑顔で「…」なのワロタ(笑)

意地でも「そうですね」とか言わないあたりよほど嫌いなのかw

赤井秀一が青井秀一だったら青が嫌いだったんだろう…赤に罪はないんだ…クッ

 

あと、鶴山のおばあちゃんの若かりし頃がかわいい。

ちょっと雰囲気、梓さんに似てるような。

おばあちゃんが食べたケーキは50年ぐらい前の話かな?

自分が生まれる前の時代の味を再現できる安室さんにこういったお話のお仕事殺到しそう(笑)

 

スポンサーリンク

『ゼロの日常』41話感想まとめ

今回は思い出の味という話でした。

梓さんにとっての思い出の味はお兄ちゃんと取り合った母特製の唐揚げで、安室さんにとっての思い出の味はあのシーンから警察学校の仲間たちと食べた寮の飯でしょうかね。

 

梓さんは家庭の味って感じの庶民感あるけど、安室さんにも家庭の味があったのかが気になる…。

思い出の味が仲間と食った飯の味…

その仲間はもういない…(つらい)

 

次回18号は迷子になって帰ってこない犬を安室さんが少女と一緒に探す話!

ハロさんとも一緒に探すのかな?

サンデー読むなら
週刊少年サンデーが読める電子書籍サイト!サンデーうぇぶりやイーブックジャパン

続きを見る

 『ゼロの日常』全話感想はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼関連記事&スポンサーリンク▼

-ゼロの日常, 名探偵コナン

© 2020 脱線あざらしブログ