一人暮らし

一人暮らしで朝起きれない自分がやってる寝坊しない方法

2018年1月9日

一人暮らしだけど朝起きれなくて寝坊してしまう朝を繰り返して日々困ってる方もいると思います。

自分は一人暮らし&低血圧で朝が弱い方なんですが起きた時間にはもう仕事が始まってて、

「ヤベ…言い訳…えっと…」

って日もあって会社に遅刻したことも何度かありました(笑)

 

そんな自分ですが、朝早い清掃員の仕事をやっていて嫌でも朝早く絶対起きなきゃない生活を送ってた時期がありました。

その時からやっていてよかった自分なりの一人暮らしで寝坊しない4つの方法を紹介します。

スポンサーリンク

一人暮らしで朝起きれない…一人暮らしで寝坊しない方法は光を浴びることがコツ!

自分は今まではアラーム(目覚まし)だけで起きてたけど、スヌーズ機能(繰り返し)をセットしても起きれないことがありました。

あざらし
そういう日って聞こえてないんですよね(笑)

朝起きて自分でもびっくり…

 

なので、音だけじゃなく光でも起きるようにしました。

 

テレビをON予約して早めにつけるのもよかったです。

テレビの音(人の声)でだんだん目が覚めてくるんですよ。

ON予約しなくても枕元にリモコン置いといて寝ぼけ眼でさっと付けるのでもOK。

 

あとは、部屋の温度を起きやすいようにするのもよかったです(とくに冬)

 

自分がやってた朝起きる4つの方法

  • 光を浴びて目を覚ます
  • アラーム(目覚まし音)は時間差でセットする
  • テレビを予約して早めにつける(音量大きめ)
  • 起きれるように部屋の温度調整をする(暖める・涼しくする)

それぞれどんな感じにやってたか説明しますね。

 

(1)光を浴びて目を覚ます

これは一番効果を感じました。

 

朝起きる時に目覚ましの音で起きるというのは音で体をびっくりさせて起こしてます。

音で身体をびっくりさせて目覚めさせるのは寝起きの悪さにつながってしまいます。

目覚まし音でびっくりして起きる⇒寝起きが悪くなる⇒「もうちょっと…」って二度寝したくなる⇒寝坊する

ってことが起きやすくなります(自分の場合)

 

それに引き換え、光を浴びて起きるのは徐々に身体がゆっくりと目を覚ましてすっきりとした目覚めになりやすいです。

 

朝起きたらまずカーテンを開けて日光を浴びよう!

ってのも光を浴びることで身体を目覚めさせれことができるからですね。

 

カーテンをちょっと開けて寝るだけでも自分は朝日で起きれるようになりました。

あざらし
絶対寝坊出来ない日はもうカーテンを全開にして夜寝るよ(笑)

 

とはいえ、

  • カーテン開けて寝るの防犯面でちょっと怖いな…
  • カーテン開けて入ってくる光だけで起きれる自信ねえ…

って人もいると思います。

 

部屋の中で寝てる状態でもを光を浴びることができるグッズはいろいろあるのでこういったものを活用してみるのもいいですよ。

▼光の目覚まし時計

 

▼カーテンを自動で開けてくれるレール

 

(2)アラーム(目覚まし音)は時間差でセットする

自分は、

  • 今のスマホのアラーム
  • 前のスマホのアラーム
  • 目覚まし時計

の3つから音を出して起きてました。

 

低血圧だからか身体が起きるまで時間がかかる方なので、起きる時間の1時間くらい前からアラームをセットしてこの3つを時間差で鳴るようにセットしてました。

 

清掃員の仕事をしてた時は4〜5時起きだったんで4時ぐらいにはもう鳴るようにしてました(笑)

スマホのアラームのみだと「充電なくて鳴らなかった!」とかあったりするから、ペチッと止める普通の目覚まし時計も使ってます。

▼大音量目覚まし時計

 

(3)テレビを予約して早めにつける(音量大きめ)

光を浴びて、時間差のアラームで徐々に目が覚めてきたらテレビをつけます

テレビはONの予約設定にしておけば寝てても勝手につくから楽だけど、枕元にリモコン置いといて朝、寝ぼけながら電源を入れるのでもOK!

 

ポイントは音量は大きめでつけること!

テレビの音量を大きめにしてテレビの音を聞いてると「あーそろそろ起きるか」状態になってきてやっと起きる感じです。

 

清掃員時代の4~5時起きの時はテレビをつけてもやってるのは通販番組ばっかだけど、テレビの声で起きるのが目的だからとりあえず垂れ流しにしてました(笑)

 

(4)起きれるように部屋の温度調整をする(暖める・涼しくする)

夏は暑くて寝れない!

冬は部屋が寒いと起きれない!

 

夏は、

暑くて夜寝れない⇒早朝の涼しくなってきた頃にやっとすやぁ…⇒朝寝坊する

ってのをよくやってました(笑)

 

  • 冬は寝る前にエアコンや暖房をタイマーでセットする
  • 夏は窓を開けたり扇風機をすぐ付けれるところに置いておく

など、起きる時の部屋の温度が快適な状態になるようにしておくのも寝坊しないポイント!

 

冬はすぐ暖かくなる電気ストーブ(カーボンヒーター)で部屋を温めてました。

タイマー付きだとなおいいです。

▼電気ストーブ

 

自分は夏の暑い時期は冷却マットという冷たいマットを布団にしいて寝てるんだけど、寝苦しくなくて夜も寝れるし、熱中症対策にもなるから夏にはかかせないアイテムです。

▼冷却マット

 

スポンサーリンク

寝坊しないために夜寝る前に気を付けてること

自分の「朝寝坊する日」ってちゃんと寝れてない日なんですよね。

朝方やっと寝付いて起きる頃には熟睡して起きれなかった〜!!!

ってパターンがよくあるんですよ自分は…(⌒-⌒; )笑

 

だから朝寝坊しないためにも!

夜ちゃんと眠れるように気を付けてることもあります。

 

スマホ・パソコンを寝る直前までいじらない

  • スマホを布団のなかでぽちぽちして寝た日
  • 寝る1時間くらい前にはもうスマホは触らない日

睡眠の質は違ってきます。

これは確実に言えることです!

 

あざらし
目の疲れ具合と寝付くまでの時間が違う!

自分は寝る直前までスマホいじってたい人間だけど、「これは睡眠の質に影響を与えてるなー」と思ってから気を付けてます。

 

音楽は程よく聴く

耳にイヤホンして音楽プレイヤーで癒し系・睡眠系の音楽を聴いて寝てると気持ちよ〜くなって寝れるんですよ( ´`)zzzすやぁ…

 

でも、「スイッチ切らなきゃ」と思って逆に寝付けれない時もあるんですよね(笑)

音楽を聴く時はほどよく聴いて眠くなってきたら止めるようにしてます。

タイマー機能とかあればいいんですがね(笑)

 

自分のおすすめは、

自然系の音(波音、鳥のさえずり、川のせせらぎ、森の音など)がひたすら流れる音楽!

あざらし
聞いてると癒されて高確率で寝れる〜(笑)

関連【眠れない人必見】ジブリのサントラは眠れない夜にオススメ◎

 

冷え性で足が冷たくて寝れない!冬は足元に湯たんぽ必須

自分は冬は冷え性で足が冷えて寝れないことが多かったです。

前は湯たんぽなしでもなんとか寝てたんだけど、今では冬の布団の中には湯たんぽ必須!

湯たんぽを布団にしのばせるようになってから寝れるようになりました。

あざらし
湯たんぽがあるとないとでは睡眠具合も違う!(当社比)

▼ゆたんぽ

【2019秋冬モデル】Ubegood 湯たんぽ 容量 2.0L 伝統工芸 ゴム 注水式湯たんぽ 暖かい 秋冬寒さ対策 肩足腹対応 暖房器具 疲労緩和 やわらか ニットカバー付き(レッド)
Ubegood

 

スポンサーリンク

自分が「寝坊するパターン」を把握すると寝坊対策ができる!

「自分がなんで寝坊するのか?」

を把握すると寝坊の改善につながります。

 

自分の場合は、

  • 睡眠時間5時間を切ると寝坊しやすい
  • スマホを布団に入ってもいじりすぎた日は寝坊しやすい
  • 二度寝をすると高確率で寝坊する
  • アラームの音が聞こえてないと寝坊しやすい

って感じのパターンがあります。

寝坊しない=この状況にならないように気を付けてます。

関連【睡眠障害】金縛りにあい続けて得た対処法・解き方

 

一人暮らしで寝坊しない方法まとめ

寝坊対策で一番効果を感じたのは光で起きることです。

 

前まではアラーム(音)のみで起きてて寝坊しがちだったけど

音+光で起きるようにしてから寝坊も減り前より起きれるようになりました。

▼光と音の目覚まし

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼関連記事&スポンサーリンク▼

-一人暮らし

Copyright© 脱線あざらしブログ , 2019 All Rights Reserved.